南三陸町のモアイ像について、モアイグッズ・雑学について、まとめて情報発信中!

唯一無二のモアイ専門サイト!南三陸町のモアイ像のこと、モアイグッズと雑学、地域の情報をまとめて発信中

【お菓子】キモカワ珍味 『モアイ飴 汐風サイダー』 ~モアイの口づけ~

新感覚!?
キモカワ係珍味登場!!

国内でも類を見ないほど不細工すぎる歪みに歪んだ”モアイ”の金太郎飴。

まず柄がキモイ!(笑)
そしてネーミングが最高にキモイ!!(笑)

えっと、冗談っぽくなってしまいましたが…

味についてはモアイファミリーがこだわり抜き、東京の老舗『金太郎飴本店』に制作を依頼した最高品質の金太郎モアイ飴です!

老舗の職人が伝統の製法と熟練の技で作り上げているため、昔ながらの素朴さと爽やかな美味しさをお届けします。

思いっきり笑える絵柄を楽しんだ後、口に入れると味のギャップにびっくりしますよ!

ぜひ、一粒食べてみてその感動を味わって見てください!

モアイのくちづけ
「モアイ飴」汐風サイダー味

モアイ飴 汐風サイダー味

モアイ飴 汐風サイダー味

モアイストアAmazon店でこの商品を購入するモアイストアYahoo店で、この商品を購入する

 

汐風を感じさせる“汐風サイダー味”

モアイファミリーではいくつかの味の中からサイダー味を選び製品化しております。

素朴ながらも爽やかでさっぱりしたサイダーの味わいは、海の街、南三陸の汐風を感じるぴったりの味わいでした。

南三陸の海

一粒一粒表情が異なるキモカワモアイ

モアイ飴は伝統的な金太郎飴の製法で作られております。

まず太巻きの様に長い飴を作り、それを職人が包丁で小さく手切りしています。

職人が包丁で切る際、断面が包丁にひっぱられ顔がゆがみます(笑)

そのせいでモアイの顔もこれまでにないほど不細工かつシュールなものになります。。。

さらに、ひっぱられ方も違うため、飴の表情はすべて異なります。

つぶれた不細工、のびた不細工、へらへらした不細工、むすっとした不細工。

一つ一つの飴を眺め、あまりのキモカワさにお腹を抱えて笑ってください。

モアイ飴-アップ

なぜ金太郎飴なのか?

金太郎飴はもともと「金太郎飴本店」という小さなお店が始まりで“金太郎飴”とはこのお店の登録商標です。

本店は明治始、飴売りの露天商から始まり。

大正12 年の関東大震災、昭和20年3月10日の空襲と2度に渡り焼け出されながらも、飴一筋に励んできました。

『困難なことが起きても絶対に負けない!』

その想いを込め、ゆかりある金太郎飴を選び商品化しました。

老舗『金太郎飴本店』の伝統技

モアイファミリーでは食品を開発するときに大切にしていることがあります。

それは『感動の味わい、感動の体験』です。

いくつかの業者に制作を以来しサンプルを作った結果、ダントツの品質と味を誇るのが金太郎飴本店だったのです。

金太郎飴本店

金太郎飴本店は明治始に創業し、以来変わらぬ伝統の製法で飴を作り続けている老舗中の老舗です。

昔変わらぬ製法でで味付けされた飴を、職人が熟練の技で一つ一つ手切りで切り分けます。

メディアにも幾度となく取り上げられるほどの人気店で、現在、東京の台東区に店舗を構え営業しております。

以下、本店ホームページより

株式会社 金太郎飴本店は、どこを切っても同じ模様が出てくる「金太郎飴」の元祖として、明治の初めから飴一筋で励んでまいりました。

長く庶民に愛されてきた、歴史と伝統の味をご堪能下さい。

≫金太郎飴本店ホームページはこちら

商品仕様

値段 1袋500円(税込)
※モアイストアAmazon店では3袋単位で販売しております
内容量 1袋15粒入り
原材料名 水飴、佐藤、コーンスターチ、小麦粉、酸味料、香料、着色料(赤102、黄4、黄5、青1、青2)
賞味期限 製造日から約6ヶ月 ※販売時でなく製造からの日数です
包 装 ビニール密閉
販売者 南三陸モアイファミリー
製造者 株式会社 金太郎飴本店
東京都台東区根岸5-16-12
 
モアイストアAmazon店でこの商品を購入するモアイストアYahoo店で、この商品を購入する



URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top