南三陸町のモアイ像について、モアイグッズ・雑学について、まとめて情報発信中!

南三陸町のモアイ像について、モアイグッズ・雑学について、まとめて情報発信中!

SMAPからの東北支援と、南三陸で見つけたスマップカラー(柄)なグッズたち

こんにちは!

リアルモアイの柳井です┃━┏┃」

今日は3.11も近いことから、復興支援に関するトピックスを織り交ぜて南三陸グッズをご紹介していきます!

 

SMAPメンバーからの継続的な東北支援

昨年2016年に解散した日本の国民的アイドルグループ「SMAP」。

ファンをはじめに、騒然とした方は多いのではないでしょうか?
(私も中高と慣れ親しんできたグループだけに、かなりびっくりしました)

 

ところが、そんな解散騒動で大変な時期にも関わらず、SMAPのメンバーの方々からは継続的に東北支援を頂いております。

以下、NAVERまとめから

日本大震災から5年半。

アイドルグループ「Smap」さんは、自身が解散騒動で大変な中でも、フジテレビ系「SMAP × SMAP」で毎回、欠かすことなく、ぶれることなく支援を呼びかけ続けています。

東日本大震災で被災した子どもたちへの支援を目的として、東日本大震災の発生した2011年の6月に一般財団法人として設立した。

その後、2011年7月11日に公益法人認定を受け、公益財団法人となる。

同財団の発起人として、ソフトバンクグループの代表でもある孫正義、ソフトバンクホークス名誉会長の王貞治、そしてアイドルグループのSMAPの三者が名を列ねている。

参照元:NAVERまとめの記事より

 

東日本大震災から間もなく6年が経とうとしており、全国的に震災の記憶も薄れてきている印象ですが。

こうして日本を代表するアイドルから、継続的な支援を頂けることに感謝の念が絶えません。

 

SMAPファンの間で話題になっている南三陸グッズとは!?

ところで!

最近、SMAPファンの中で話題になっている、SMAP柄な南三陸のアイテムをご存知でしょうか??

その商品とは、コチラ!!

キーチェリング

キーチェリング

これはオクトパス君の里「YES工房」で作られた"キーチェリング"というアイテムで、素材に南三陸の杉を活用した、可愛らしいデザインのウッドキーホルダーです。

SMAPファンの1人が、南三陸町を訪れた際に記念にこの商品をお買い求めになり、後日、Twitterに掲載して頂いたところ、「デザインがカワイイ!復興支援に!」ということで、一気にファンの中で話題が拡散した商品です。

そもそも狙って作ったわけではないので、開発者もびっくり(笑)
偶然にもスマップ柄で揃えられる仕様になっているようですね。

ちなみにスマップファンに人気の柄はもちろんS、M、A、Pと★の柄!

発送時の梱包の美しさも話題の一つで、3月だけで既に500個以上が販売がされているという大好評商品です!

≫キーチェリングのお買い求めは、こちらのページから

 

SMAPの一声で、こうしてファンの方々も動いてくれるとは、南三陸町に住むものとしては実に心温かくなるプチニュースでした!!

 

他にもあるよ!SMAPカラー(柄)な南三陸町のグッズ

ちなみにキーチェリング以外にも、南三陸町にはスマップカラー(柄)なグッズがちらほらと!

こちらYES工房の「オクトパス君ストラップ」は、こちらも偶然にも5色がスマップカラーに(笑)

 

オクトパス君ストラップ

≫オクトパス君ストラップのお買い求めは、こちらのページから

 

マグネットタイプもあります!

オクトパス君マグネット

オクトパス君マグネット

≫オクトパス君マグネットのお買い求めは、こちらのページから

 

まだまだあるよ!スマップカラーなミニモアイ像

さらに、モアイファミリーでも一部にスマップカラーとして揃えられる商品がありまして(笑)

モアイファミリーの人気商品「ミニモアイ像」が5色揃うと…

ミニモアイ像 SMAPカラー

5体開運表記

まぁピンクだけ、どちらかというとパープルです(笑)

ちなみにこの5色はミニモアイ像では特に人気の高いカラーということもあるので、お得なセット価格で販売中です。

 

モアイストアAmazon店で、この商品を購入する

モアイストアYahoo店で、この商品を購入する

 


 

以上、スマップの復興支援についてと、スマップカラー(柄)な南三陸グッズについてでした!
※少し宣伝っぽくなってしまいすいませんm(__)m

 

PS

「全国の皆様へ」

まもなく3.11を迎えます。
震災から6年を迎えますが、今後とも南三陸町の応援を宜しくお願いいたします!!

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top