南三陸町のモアイ像について、モアイグッズと雑学、地域の情報をまとめて発信中!

代表者ごあいさつ

南三陸モアイファミリー代表:柳井 謙一はじめまして。
南三陸モアイファミリー代表の柳井 謙一(ヤナイ ケンイチ)と申します。

ごつい顔をしておりますが、私がモアイファミリーモアーチョの生みの親です。

モアイに似ていることからヤナイではなく、“モアイさん”と呼ばれております。

 

まず簡単ではありますが、自己紹介をさせていただきます。

30代、血液A型の中肉中背の男です。

生まれと育ちは東京都立川市で、東日本大震災から約1年後の2012年に、あるご縁から南三陸町に移住してきました。

以後、現在まで南三陸町の地で田舎の人の優しさに触れながら元気に生活をしております。

 

私とモアイ像の出会いは、2013年のことです。

この年、震災前から南三陸町と深い友好のあったチリ共和国(イースター島)から世界で初となる本物のモアイ像が贈呈されました。

贈呈の知らせを聞き、私が真っ先に思ったことは…

『え?なんでモアイ?』ということです。

もしかしたら南三陸町を訪れた人のほとんどが抱く疑問だと思います。

 

実をいうと、南三陸町とチリは震災前から深い友好関係がありました。

2011年の震災の時、南三陸町の被害を知ったチリの人々が「遠く離れた友好の場所に、自分たちにも何かできないか?」と考え、世界で初となる本物のモアイ像が贈られることになります。

そして、このモアイ像を通して、チリの人々は「人の絆は決して失われない」というメッセージ、そして復興への願いを込めたのです。

この想いを知ったときに、私の心が熱くなり『このモアイ像を全国に広め、チリの人々から頂いた絆の大切さを全国に伝えたい!』そんな気持ちがムクムクとわいてきました。

 

その想いがどんどん強くなり…前のめりになり…

「ゆるキャラを誕生させ、楽しんでもらいながらモアイを広めよう!」とひらめいた末に、モアイファミリーとモアーチョが誕生しました!

あ、いや!イースター島から移住してきたのです!(笑)

もともとモアイには“未来に生きる”という意味があるそうで、希望のシンボルとしてはこれ以上のものはないと思っております!!!

 

そんな冗談半分から始まったモアイファミリーも、間もなく4年目を迎えようとしております。

4年を振り返ると、南三陸の人たちの強さ・やさしさにただただ敬服いたします。

 

震災で財産やご親族を失いながらも「全て失ったけど、逆に本当に大切なものを得ることができたよ。また一から出直しだ!」と常に前を見ながら笑顔を絶やさない住民の方々。

そういった町民の方々の考え方・生き方から学んだことは「どんな悲惨な境遇・状況だとしても、希望を見出すことができる」という信念です。

モアイファミリーではこの信念に沿い”全国に希望と笑顔を伝え広める”という使命を掲げ、今後とも活動をしてまいります。

最後になりますが、ここまでモアイファミリーを支え、励ましてくれた全国のお客様一人一人に感謝を申し上げるとともに、今後ともモアイファミリーを末永くよろしくお願い申し上げます。

 

南三陸モアイファミリー
柳井 謙一

 

Facebookでコメント

Return Top