モアイ像はイースター島でいつ作られたのか?どうやって作ったのか?

画像参照元:Pixabay

イースター島に1,000体ほど存在しているモアイ像。
このモアイ像がいつ作られ、どうやって作られたのかについて、現在までに解明されていることをまとめてみました。

 

モアイ像はなぜ作られたのか?

モアイ像は墓碑(ぼひ)としてつくられたという説

モアイ像墓碑

画像参照元:Pixabay

現在までの調査では、モアイ像は墓碑(ぼひ)として作られたという説が最も有力な説と言われております。

というのも、太古の人たちは、権力者を埋葬する際、墓碑の形状・大きさ・壮大さで、権力の大きさを表してきたと言われており、たとえば、エジプトのツタンカーメンとか、スフィンクスが有名ですよね。

この発想は、日本の古墳にも同じことが表れており、埋葬される人の権力により、古墳の規模はどんどん大きな手の込んだものになっております。

イースター島でもエジプトや日本と同じような事が行われてきたと考えられており。
モアイ像は墓碑として作られていた、そしてその大きさは権力を表しているのではないかと考えられております。

ちなみに、モアイ像の土台となる部分から多くの人骨が発掘されており、これは支配者の埋葬時に生贄になった人たちの亡骸ではないかと考えられております。

 

モアイ像は祭祀(さいし)としてつくられたという説

モアイ像神秘

画像参照元:Pixabay

モアイ像は祭祀(さいし)のために作られたのではないという考えも、有力な説の1つです。
※祭祀は神を祀るもの

古代イースター島の農耕民族にとって、作物の豊作は生きていくうえで重要なことであり、収穫に大きな影響を与える自然災害は最大の脅威でした。

そこで人々は、作物の収穫を迎える時期に、山や海に対して拝み祈祷したと言われております。

そして、この祭りごとのためにモアイ像を作り、神への最大の敬意表したと言われております。

 

モアイ像は守護像として作られたという説

モアイ

画像参照元:Pixabay

モアイ像は、部落を守る守護像として作られていたという説もあります。

もともと、モアイ像には目が入っており、目の入ったモアイ像には霊力(マナ)が宿ると信じられてきました。
霊力を宿すモアイ像が、その超自然的な力により部落を守るとされていたからです。

この説を裏付けるものとして、多くのモアイ像が海側でなく内陸側(部落側)を向き、部落を見守るように設置されていることも上げられます。

 

モアイ像はいつ作られたのか?

モアイ像いつ

画像参照元:Pixabay

最初にモアイ像が建設されたのは5~7世紀頃で、それから17世紀頃まで作られ続けてきたと考えられております。
モアイ像に付着している花粉を調べた際、5世頃のヤシの木の花粉が見つかったことから解明したことです。

 

モアイ像はどうやって作られたのか?

イースター島には加工しやすい凝灰岩が豊富にあり、これを削り出し、20人以上の石工が1年以上の年月をかけてモアイ像を作ったと言われております。

 

モアイ像はどうやって運んだのか?

コンベヤー

大量の丸太をコマにして、モアイ像をロープで引っ張ったという説が有力です。
ローラーがついているコンベヤーと理論上は一緒なので、これであれば運べそうですよね。

 

モアイ像が歩いて移動したという説も

ところがモアイ像が歩いたという説もあり…
実際にこんな実験も行われたようです▼▼▼

思いっきり人力でロープを使ってますが、、、
確かに歩いている風ですね(笑)

 

本物のモアイ像が南三陸町で見られる?

以上、モアイ像についていつ作られたのか、どうやって作られたのかということについてまとめましたが、実は宮城県の南三陸町で本物のモアイ像(イースター島から贈呈)を見ることが可能です。

このモアイ像は南三陸町にとって希望や復興のシンボルであり、またいつまでも町を見守ってくれる守護像として愛されております。

漫画で解説!南三陸町のモアイ像は復興と絆のシンボル

東北地方に遊びに行かれる際は、ぜひモアイ像も訪れてみてくださいね!

 

【漫画で解説】おもしろ開運グッズ「モアイ砂像シリーズ」2018年版

みやぎ応援ポケモン『ラプラスグッズ』商品化!

10月1日より、宮城県×ラプラスクの観光キャンペーンが開催されます。
その一環として、南三陸モアイファミリーでもラプラスグッズ2種類を商品化しました!
宮城県内でのみ、数量限定で販売されております。

取扱店舗や商品の仕様について詳しくは下記リンクより▼

みやぎ応援ポケモン ラプラスグッズ

ストアイチオシのモアイグッズ!

No-1 ミニモアイ像

ミニモアイ像

販売累計20,000体突破、人気No.1の商品!色ごとに異なる運気をアップさせるカラフルモアイ像は、お洒落なインテリア雑貨や家の守護像としてご活用いただけます。大人買いしたい方に7体セットもご用意しております。

ゴールド・シルバー・ブロンズの高級感溢れるプレミアムカラーも販売中。≫プレミアムモアイ像

モアイストア本店 AmazonYahoo


No-2 マナ・モアイ像

南三陸町 マナモアイ像

イースター島から南三陸町に贈呈された本物のモアイ像をミニチュアで完全再現!

モアイ像に目を入れることで、精霊(マナ)が宿ると言われてます。目の入ったモアイ像は、世界で2体しかありません。その1体が南三陸町にあります。
≫南三陸町のモアイ像について

モアイストア本店 AmazonYahoo


No-3 鉄モアイ

鉄モアイ:イメージ

南部鉄器×モアイ像!鍋やヤカンに入れるだけで、手軽に鉄分補給ができます。ナスや黒豆の色付けにも便利な、南部鉄器の調理器具です。

  • お湯を沸かすとき、夜間や鍋などに入れて
  • ナスや黒豆の色付けに
  • 水道のカルキのニオイ消しに
  • 文鎮やペーパーウェイトに

 Amazon


No-4 モアイ飴 ~モアイの口づけ~

モアイ飴

新感覚!?キモカワ珍味!『モアイの口づけ(汐風サイダー味)』。その絵柄とネーミングとは裏腹に、金太郎飴本店が作る本格金太郎飴です。老舗ならでは素朴な味わいに、爽やかなサイダーの味わいが加わりました。

ご自分用にはもちろん、サプライズプレゼント、バレンタインデーやホワイトデーにもオススメです。

モアイストア本店 AmazonYahoo


No-5 南三陸スノードーム

南三陸スノードーム

南三陸町の縮小版ともいえるご当地スノードーム。モアイをはじめ、南三陸町を代表する観光名所・名産をドームと台座に詰め込みました。

スノードームを片手に南三陸町を巡ってみては?スノードームコレクターにもオススメです。

モアイストア本店 AmazonYahoo

コメントする