当店でしか買えないおもしろモアイグッズ・雑貨を多数販売中!通販も可能

国内唯一のモアイグッズ専門業者

モアイ像で人気のイースター島へのアクセスは?

モアイ像で人気のイースター島へのアクセス

画像参照元:Pixabay

モアイ像で人気のイースター島へアクセスする方法についてまとめてみました。
「今年こそイースター島に行くぜ!」なんて考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

モアイ像で人気のイースター島へのアクセスは2ルートだけ

イースター島への航空方法

画像参照元:Pixabay

イースター島の領国はチリ共和国。
といっても、チリ本土からですら何と約3,800kmも離れた場所にポツンと位置する絶海の孤島です。

実際に地図でご確認いただければわかるのですが、まさに絶海の孤島…

気軽に観光というわけにはいきませんが…
それでも毎年、全世界から沢山の観光客が訪れる人気の観光地の一つです。

そんな人を惹きつけてやまないイースター島ですが、日本からの行き方は2つだけといっても過言ではないでしょう。
それでは早速、アクセス方法を見て見ましょう!!

 

1. タヒチ経由でイースター島へアクセス

日本から一番行きやすいと言われる方法が、このタヒチ経由。

国内からタヒチまで直行便が出ており、タヒチ自体もリゾート地として人気の高いの美しい観光地です。
タヒチでゆったりリゾートを楽しみ、イースター島でアドベンチャーを楽しむという贅沢な梯子旅行ができるのも、この経由ならではの魅力です。

※タヒチからイースター島の直行便は限られた本数のみ運行しております。事前に空ならず運行状況を確認するようにしましょう。

 

2. チリの首都サンティアゴ(サンチャゴ)経由でイースター島へアクセス

旅行比較サイトで検索してみると、このルートでのツアープランが多くヒットします。

南米からイースター島に入るため、ペルーやチリ、アルゼンチンなど、近隣の国もついでに観光できるルートです。
またタヒチ経由よりもフライト本数が多く、スケジュールを立てやすいという特徴があります。

ちなみに、南米を周遊しているような方や世界中を旅するバックパッカーも、このルートをよく利用するんだとか。

 

日本からイースター島への航空券の料金と所要時間の目安

イースター島への予算

画像参照元:Pixabay

日本からイースター島への航空料金と所要時間について、旅行比較サイトで調べた情報を記載いたします。

イースター島への航空券の料金

旅行比較サイトで調べてみると格安ツアーでも30~40万円程かかるようです(サンティアゴ経由が多数)。

うーむ。
ちょっとお高い。。。

※渡航時期によって価格は変動するので、あくまでも目安としてご認識ください

 

イースター島への所要時間

タヒチ経由の場合 ⇒ スムーズに運行すれば約17時間
サンティアゴ経由の場合 ⇒ スムーズに運行すれば27時間~36時間

これまた移動だけでも相当な距離。

※渡航日時・条件よって変わりますので、あくまでも目安としてご認識ください

 

モアイ像が見られるイースター島のツアープラン

イースター島のモアイ像

画像参照元:Pixabay

そんなこんなで、金銭的にも時間的にも結構な余裕が必要なイースター島旅行ですが、「それでも行きたい!」という方向けにオススメの予約サイトをご紹介いたします。

≫海外旅行・海外ツアー比較検討サイト|エイビーロード

各社のツアープランを一気に比較することができて、予算やスケジュールを立てやすいのではないでしょうか?
なお渡航日時・渡航日数によりますが、30万位~100万円以上と価格に結構なふり幅があります。

 

モアイ像は見たいけどイースター島はちょっとという方へ

以上、イースター島へのアクセス情報についてでした。

「とりあえず観光のイメージだけでも膨らませたい」という方は、イースター島の観光情報・謎をまとめた記事で、雰囲気だけでもお楽しみください。

イースター島の7つの謎!現地グルメ、人気観光スポットの情報も要チェック!

 

インテリア感覚のモアイ像で気分はイースター島?

「部屋のインテリアにちょとだけ遊び心を持たせたい」
もし、そんな風にお考えであればピッタリの商品がございます!

南三陸モアイファミリーの人気商品“手のひらサイズのモアイ像”。

手のひらサイズのモアイ像
シュールな表情の大小のモアイ像が、なんとも言えない雰囲気を醸し出しております。
素材の砂はパワースポットの砂を利用しているため、飾っておくだけで良いことが起こるかも!?

柳井謙一(南三陸モアイファミリー代表)

この記事の編集者

柳井 謙一:南三陸モアイファミリーの代表取締役。モアイに似ているため、リアルモアイと呼ばれる。
≫代表からのご挨拶

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top