当店でしか買えないおもしろモアイグッズ・雑貨を多数販売中!通販も可能

国内唯一のモアイグッズ専門業者

起業という経験から得られるもの ~独立や副業をお考えの方へ~

ビジネスマン

画像参照元:Pixabay

本日は起業とビジネスについてちょっとお話しさせていただきます。

 

ビジネスと聞くと関門が高そうな印象を受けるかとも多いかと思います。

僕もモアイファミリーを副業として始めたときは難しいんだろうなと思ってました。
※起業当時は南三陸町観光協会に派遣社員という形で属しておりました

 

起業から3年間経って感じるのは誰にでもできることだなと。

一番難しいことは最初の不安を押し切り一歩踏み出す事です。

一度でも踏み出しちゃえば、あとは以外にどうにかなるものです。

 

さて、起業を通して得られるもの、それはお金だったり自由な時間だったりといろいろあるのですが。

結論、事業を通して得られる最大の成果は自己改革と成長です。

なんだ当たり前じゃん…と思うかと思います。当たり前のことなんですね。

でもこれを自分で実感できるのとできないことでは大きな差があります。

 

以下、僕の経験談から

事業を始めた当初は経理もわからないし、値付けもわからない。

ましてお客さんがどんなものが欲しいかなんて全然わからない。

こんな状態からスタートでした。

もちろんですが資金なんてものはありません。

どうしたものかな…
と悩んだ末に思いついたのは…

親に頭を下げてお金を借りるという最低の手段です。

29歳にもなって親のスネをかじらさせていただきました。

とまぁ最初はこんなもんですwww

お恥ずかしい。

 

そんな状態から始まり、そりゃあもう最初は大変なことだらけです。

はた目からは儲かってるね!なんて言われますが…

資金繰り、経理、商品開発、営業、販路拡大、クレーム対応と…
雇わの身であれば気にしなくてよかったことが、事業主になるとどっと押し寄せる感じです。

外からだと見えない問題が山積みです。

経理を例にとると、勘定科目?なにそれ?

事業費用と生活費はわけなくちゃなんないの?どうやって?

なんてそんな状態からスタートなわけです。

 

でも何だかんだで楽しいのは確かで、わからないこと・できなかったことが、どんどんわかるようになり・出来るようになり。

夢中になって取り組み3年も経つと、ちょっとずつ形になってくるんですね。

嫌なことが重なった時など、もうやめようかな…と思うこともありましたが、人と関わる商売なので取引先や関係機関の人々に励ましてもらい何とか乗り切ってこれました。

苦労したときこそ人の優しさ思いやりが身に染みます。

 

こうした経験をしながら今心から思うことは、事業継続や利益拡大以上に、事業を通して自分を成長させることが一番大切だなと。

 

あと、今の時代、お金がないことを理由に助成金で起業を考えている方もいると思うのですが、少ない資金でもよいのでぜひ借金や自己資金で事業に取り組んでみることをお勧めいたします。

自分の大切な財源を使うことで、自分の学び方・考え方・行動の仕方が変わり成長します。

 

資金が少なくなってきたりすると不安はつきものですが、そういった時こそ焦点をお金や結果から自己成長に向けてみてください。

もし事業が倒産してダメになったとしても、精神的には段違いで強くなります。

その精神力でまた再チャレンジすればいいんです。

僕も挑戦に躊躇するときはありますが、そんな時は尊敬するアンソニー・ロビンズという方の名言を思い出すようにしております。
「失敗というのは幻想に過ぎない。あるのは、行動を起こしたという結果だけだ。」
≫地球の名言より

 

さらにいうと、どうしてもお金が必要なのかというと、今の時代は資金がまったくなくても起業できます。

アフィリエイト、Amazon輸入ビジネス、YouTuber等、資金不要でPCさえあればできるビジネスですよね。

「超後発だからなぁ…難しいんでしょ…自分に向いてるのかな…」

やる前からいろんな考えると思いますが、とりあえずやってから考えましょうw

やらない理由でなく、どうしたらできるかを考える癖をつけてくださいね。

 

あと、すぐに稼げますよ!なんていう目先の損得や楽して稼ぐ手法みたいな教材に騙されないでくださいね!
※僕も何度か騙されましたがwww

 

事業でもなんでも新しいことに挑戦するなら、一定の心構えがないと失敗します。。。

何でも新しいことに挑戦することは紆余曲折や挫折、困難がつきもので、そういう経験があるから自分が成長し結果として目に見える成功もついてくるんだと思います。

ちょっと話がそれましたが、以上ビジネスの話でした。

次回はより手法的なことも書いてみようと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top